Thorens用強化電源のクローンを自作してみた(準備編)

Raspberry Pi用リニア電源に続いて、Thorens用強化電源のクローンを自作してみました。
※お約束ですが、本記事をもとにして事故や怪我をしても筆者は一切の責任を負いません。

結論:効果絶大

自作強化電源に換装したところ、ACアダプター経由のノイズがはっきり分かるレベルで消えました。今回も効果は絶大でした。
ちなみにかかった費用は約9千円(送料・工具代を除く)、制作に要した時間は約1日程度でした。

自作のきっかけ

純正ACアダプター由来のノイズ

Thorens純正ACアダプター

自作しようとしたきっかけは、CDケースの約半分もあるこの巨大なThorens純正ACアダプターから発生するノイズでした。

STH-3020A

TD520はプロケーブルのダウン&アイソレーション電源トランス STH-3020Aを介したメインシステムで使用しています。
TD520のアダプターは筐体が大きく重いため、トランスのアウトレットにさすと他のコンセントと干渉したり、自重で垂れてしまい食い込みが甘くなることもありました。

ある時、このアダプターに指がかすかに触れただけでノイズが出ることに気づきました。試しにこいつを外すとスピーカーから継続的に聞こえていた微妙なノイズも消え、アダプター由来だったことを知ってしまいました😮‍💨 ビンテージの真空管アンプが原因だと思いこんでいたのに、まさかターンテーブルのACアダプターが元凶だったとは。。。

当たり前ですがアイソレーショントランス経由でも、その下流にACアダプターが介在するとノイズが乗ってしまうことを身をもって体験してしまいました。(アダプターがノイズの原因になる理由は先日の記事に書いています)

そんなわけで、このACアダプターをノイズが少ないものに置き換えられないかと思案したものの、ThorensはAC-ACアダプターなのです。 アダプターと言えばAC-DCが一般的ですが、AC-ACなんてものはほとんどありません。さて困ったぞと、思い出したのが強化電源TPN-2000でした。

強化電源Thorens TPN-2000という選択肢

Thorens TPN-2000

(画像はオーディオユニオンから引用)

ThorensにはTD520他に対応するTPN-2000という強化電源がありましたが、とうの昔に製造中止。現在は中古でしか入手方法がありません。

Thorens TPN-2000はオークションに出ると5万円を超える

ところが最近は国内外問わず中古市場でも滅多にお目にかかれず、オークションに出品されると5万以上の値段がつくようになってしまいました。

自作強化電源という選択肢

自作強化電源の回路図

(画像はPlattenspieler Reparaturより引用)

手に入らないなら作ってしまえ、と検索してみると自作用回路図を公開しているドイツのサイトを見つけました。同サイトによると

Gut, lange nicht so gut wie das originale TPN 2000 oder das Ambiance, aber um Welten besser as das originale kleine Steckernetzteil. (オリジナルのTPN-2000やAmbienceほどではありませんが、ACアダプターよりは断然良いです。)

とのこと。
これを読んでしまっては試さずにはいられません。
というわけで自作へと相成ったわけです。

必要な工具とパーツ

必要な工具

Raspberry Pi用リニア電源の制作時と同じです。

基板制作用

  • ハンダごて
  • ハンダ
  • コテ台
  • ニッパー
  • ラジオペンチ
  • ケーブルストリッパー(配線材の被覆を剥くためのもの)
  • テスター
  • 耐熱・絶縁マット

ハンダごては絶対に温度調整できるものが良いです。安物を買って後悔した筆者は白光 FX600-02に買い替えて今も愛用しています。

テスターは簡易なものでもOKですが、自動レンジ対応のマルチメーターがあると便利です。筆者は最大1000V、温度も計測できるタイプを愛用しています。

ケース加工用

  • ドリルドライバー(ケースの穴あけ用)
  • ステップドリル(ドリルの下穴を広げるためのもの)
  • センターポンチ(金属板の穴開け時にドリルが滑らないようマーキングするためのもの)
  • テーパーリーマー(穴を広げて微調整するためのもの)
  • ニブリングツール(金属板を切断するためのもの)
  • バリ取り工具(穴あけなど加工した際に出来る突起を取り除くためのもの)
  • 棒ヤスリ
  • ドライバー

ドリルドライバーは筆者も愛用中のBlack&Decker multiEVOがオススメです。ヘッドを交換するだけで様々なツールに早変わりでき、コンパクトで場所をとりません。ちなみにmultiEVOはAmazonプライムデーで毎回必ず安くなります😉

必要なパーツ

自作強化電源用パーツ

今回も秋月電子通商で購入しようと思っていたのですが肝心のトロイダルトランスの取り扱いがないため、パーツ(ケースを除く)は共立エレショップで揃えました。

注意

  • 共立エレショップは全般的に秋月電子通商より単価が高く、物によっては受注ロットがあったりします。
  • インレットをノイズフィルターなしの通常タイプにするなどしてコストを抑えることも可能です。
  • 参考元サイトには「トロイダルコイル(100μH 1A)は必須ではない」とありますが、一応買っておきました。(共立エレショップには1Aのものがなかったため2Aにしています)
  • 筆者は手元にあった基板を使用したため、下のリストにあるものとは仕様が異なります。
  • リストにはビス、ナット、DCプラグ及びケーブルは含まれません。(DCプラグ・ケーブルは制作編で後述します)
強化電源制作に必要なパーツリスト
品名 個数 単価
プリント基板用小型端子台 2ピン
XW4E-02C1-V1
3 94
トロイダルトランス 0-15V 1A / 0-15V 1A
HDB-30(L)
1 4620
スイッチングダイオード★受注単位有★
1N4148
10 11
酸化金属皮膜抵抗 1W 820Ω
1W 820ohm
1 15
カーボン抵抗 1/4W 5% ★受注単位有★
2.2kΩ
10 4
メタライズドポリエステル(250V)[RoHS]
ECQE2 103KF
1 33
メタライズドポリエステルフィルムコンデンサ[RoHS]
MKS2 63V0.22uF
1 83
ハイグレードMUSE KZ 25V 100μF[RoHS]
UKZ1E101MPM
1 58
φ3mm砲弾型LED用 金属製ブラケット(鉄座)
MLB-P3
1 64
光拡散ゴムキャップ 3φLED用★受注単位有★
A-29038L-KC-D
10 39
φ3mm LED 緑色 ★受注単位有★
L-314GD
5 22
トロイダルコイル 100μH 2A
TC-101M-2A-5026
2 84
標準ガラス管ヒューズ 250V 0.3A [RoHS] ★受注単位有★
FGBO-A 250V 0.3A
10 37
パネル取付用標準ヒューズホルダー
WTN-09-F1107
1 110
φ2.1mm DCジャック パネル型スナップインタイプ[RoHS]
MJ-60-R
1 73
波動スイッチ
DS-059K-WD-K
1 167
IC用ユニバーサル基板 片面・紙フェノール
IC-301-60
1 93
インレットタイプノイズフィルター 250V 3A[RoHS]
RPE-2003
1 1223
タカチ電機工業
MBH型放熱穴付アルミケース MBH12-10-16
1 1211

準備編はここまで。制作編に続きます。